事前に

Xorgの設定ファイル ( xorg.conf )を設定していない場合は、下記のWikiを参照して設定してください。

Xorg

必要なパッケージのインストール

apt install xserver-xorg-input-evdev xinput-calibrator

を実行して、必要なパッケージをインストールします。

Xorgとopenboxの起動

Xorg &
openbox-session &

を実行して、Xorgとopenboxを起動します。

タッチパネル補正ツールの起動

xinput_calibrator

画面上に補正画面が表示されます。

xinput-calibratorの画面

補正する

画面上の 赤い十字 を丁寧に 4回タッチすると、補正用の設定項目が端末に出力されます。

         Setting calibration data: 0, 4095, 0, 4095
 Calibrating EVDEV driver for "mxs-lradc-ts" id=6
         current calibration values (from XInput): min_x=0, max_x=4095 and min_y=0, max_y=4095
 
 Doing dynamic recalibration:
         Setting calibration data: 147, 3618, 3826, 350
         --> Making the calibration permanent <--
   copy the snippet below into '/etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf' (/usr/share/X11/xorg.conf.d/ in some distro's)
 Section "InputClass"
         Identifier      "calibration"
         MatchProduct    "mxs-lradc-ts"
         Option  "Calibration"   "147 3618 3826 350"
         Option  "SwapAxes"      "0"
 EndSection

設定ファイルを作成・保存する

/etc/X11/xorg.conf.dを作成します。

mkdir /etx/X11/xorg.conf.d

xinput_calibratorの出力に従って、/etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.confSection "InputClass" から EndSectionまでの行を nano や vi を用いて書き出します。

 Section "InputClass"
         Identifier      "calibration"
         MatchProduct    "mxs-lradc-ts"
         Option  "Calibration"   "147 3618 3826 350"
         Option  "SwapAxes"      "0"
 EndSection

Xorgの再起動

pkill Xorg
Xorg &
openbox-session &

でXorgを再起動します。

完成

ちゃんとタッチした場所にカーソルが来ています