始めに

このページでは、SHARP Brain で Linux を動かす試みから生まれた Linux ディストリビューション Brainux を手軽に起動する方法を紹介します。

Linux ディストリビューションは、カーネルとそれ以外のソフトウェアの組み合わせです。Brain の場合はカーネルを起動するブートローダも SD カード上に必要なため、正確にはカーネル・ソフトウェア・ブートローダのセットが必要になります。

リポジトリ buildbrain では、Raspberry Pi と同様に SD カードに書き込むだけで起動可能にした SD イメージを公開しています。ちなみにカーネル・ソフトウェア・ブートローダはどれも自力で準備することもできます。詳しくは本 Wiki の対応するページを参照してください。

質問がある場合や開発に参加したい場合は、まず Brain Hackers の Discord に参加していただき、「雑談」チャンネルでお気軽にご質問ください。

対応している機種

2021年2月21日現在、対応している機種とハードウェアは以下の通りです。省略のため、PW-SH1 や PW-SJ1 のような同世代の機種は特記すべき差がない限りは “Sx1” のように省略形で記載します。

内蔵ハードウェアの対応状況や使い方については内蔵ハードウェアをご覧ください。キーマップもそちらに掲載しています。

機種 Linux 起動 キーボード 注釈
PW-Sx1 より前     PW-GC610, PW-G5300 のような数字が3桁もしくは4桁の機種
PW-Sx1 :white_check_mark: :white_check_mark:  
PW-Sx2 :white_check_mark: :white_check_mark:  
PW-Sx3 :white_check_mark:    
PW-Sx4 :white_check_mark:    
PW-Sx5 :white_check_mark:    
PW-Sx6 :white_check_mark:    
PW-Sx7 :white_check_mark:   未リリース・Sx6 を流用可
PW-x1 以降      

SD カードのイメージをダウンロードする

brain-hackers/buildbrain のリリースページにアクセスし、最新リリースの配布物の中から sdimage-*.zip と名のついた ZIP ファイルをダウンロードします。* には最新リリースのバージョン名が入ります。

SD カードに書き込む

書き込むソフトは Windows / macOS / Linux のどれをお使いの場合でも利用可能な balenaEtcher がお勧めです。公式サイトにアクセスしてダウンロードしてください。

macOS もしくは Linux をお使いの場合は、ZIP を展開して取り出した .img ファイルを dd コマンドでそのまま書くことも可能です。

balenaEtcher を使う場合

今回は macOS で balenaEtcher を使用した際の画像で説明します。どの OS でも同様にして書き込めます。

  1. balenaEtcher を起動します

  2. “Flash from file” をクリックし、ダウンロードした ZIP ファイルを選択します

    • 展開する必要はありません

  3. “Select target” をクリックして書き込み先を選択します

    • 正しい SD カードを選択しているか慎重に確認してください
    • 4GB 以上の SD カードであればなんでも使用可能です
    • SD カードの性能がシステムの使用感に直結するため高速な SD カードを使用することをお勧めします
    • 画像では 8GB の SD カードを選択しています

  4. “Flash!” をクリックして書き込みます

    • あらためて正しい SD カードが選択されているか確認したうえで書き込んでください
    • 書き込みには管理者権限が必要なため管理者パスワードを入力します

  5. 完成!

dd を使う場合

macOS もしくは Linux をお使いの場合は、dd コマンドでも書き込むことができます。以下にコマンド例を示します。

macOS の場合

  • macOS では /dev/disk* に書き込むと非常に遅いため /dev/rdisk* を使用します
  • どのディスクが SD カードかはディスクユーティリティを使用して確認します

以下に実行例を示します。バージョン番号は適宜読み替えてください。

cd ~/Downloads
unzip sdimage-2021-02-21-162410.zip
sudo dd if=~/Downloads/sdimage-2021-02-21-162410.img of=/dev/rdisk4 bs=10M

Linux の場合

以下に実行例を示します。バージョン番号は適宜読み替えてください。

cd ~/Downloads
unzip sdimage-2021-02-21-162410.zip
sudo dd if=~/Downloads/sdimage-2021-02-21-162410.img of=/dev/sdc bs=10M

実機で起動する

書き込み終わった SD カードを Brain に挿入し、リセットボタンを押します。Brain のロゴが表示されたあと U-Boot が起動し、すぐ後に Linux が起動します。

本体の内蔵キーボードに対応している機種では、ログインシェルが表示されたらユーザー名とパスワードともに root でログインできます。非対応の機種では、電源供給が可能なタイプの OTG ケーブルを使用してキーボードをつなぐと操作できます。

内蔵ハードウェア

Brain における Linux の動作はまだ初期段階であり、一部のハードウェアしか利用できません。

キーボード (Sx1, Sx2)

キーが非常に少ない Brain のキーボードで必要な記号を打つため、キーボードの使用方法は特殊になっています。キートップに記載されたキー以外の文字は、すべて「記号」キーと「シフト」キーを組み合わせて入力します。

Shift キー・Ctrl キー・Alt キーは現実のキーボードに近い配置として以下のように対応させています。

  • Shift → 「シフト」
  • Ctrl → ページアップキー(《 を横に倒した記号のキー)
  • Alt → 「文字切り替え」キー

キーと入力される文字のマップを以下に示します。